会社に金がない!その時にすることとは

会社を経営していると、経営が苦しくなる時があります。

何だかパッとしないなぁと思っていたら数カ月が過ぎてしまい、気が付いたら会社の口座にお金が無くなっていたり。

仕事が忙しくなると新規顧客開拓がおろそかになり、いつのまにか仕事がない状態になるとか。
あるあるです。
目指す
商売ですから当然と言っても良いと思いますが、波があるんですよね。

誰もが経験するこの「会社にお金がない」「お金が無くなっていく」状態。
こんな時に、頭に浮かぶのはなんでしょう?

融資と答える人が多いかもしれません。

しかし、融資は返済原資があってこそのものですから、単純に融資を受ければ済む話ではありません。

お金がない状態を改善する何よりの方法は、キャッシュが早く入る売り上げを上げることです。
キャッシュが入る売上げは究極の資金調達だからです。

そういうと、今すぐ売上げを目指すことに全力を注ぐ人がいます。
確かに、今すぐキャッシュを求めるのなら、今すぐ売上げを目指す必要があります。

これはやむを得ない事だと思います。

ただ、「今すぐ売上げを上げること」って簡単なことではないのです。
焦れば焦る程、ドツボにハマります。

結果、顧客を食いつぶすような売り方をしたり、不正をしたり。
目先の金を追うと、良い結果がでないことが多いです。

思考が金に負けるという状態です。

私が言うまでもなく、経営者であれば実感していると思いますが。

では、どうすれば良いのか?

中長期的な売り上げを目指すことです。

そもそも、現時点で会社の売り上げが足りないのは、
「中長期的な施策の失敗」ことが原因です。

今している苦労は、過去積み重ねてきた失敗でもあるのです。
中長期!?そんな悠長なことを言っている余裕はないよ!

そういう声が聞こえてきそうです。
中長期的な施策をすると、1年後に成果が出ることも、来月成果が出ることもあるのです。

昔、オートバイに乗っていました。
コーナーにオーバースピードで入ってしまうと、外側のガードレールに目線が行きがちです。
しかし、バイクは視点に進むという特性があります。

ヤバい!と思った時こそ、イン側の脱出ラインに目線を向ける必要があるのです。

比喩的表現でしたが、経営も一緒。
ヤバい!と思った時に、ヤバいほうを向いてはダメ。

本来あるべき姿の方向に目線も意識も向けていく必要があります。

このことは、売り上げだけの話ではありません。
従業員の教育でも同じです。

人がいないからとか、本来あるべき姿でない従業員をそのままにしておくと、3年経っても5年経っても今と同じ悩みを抱えていることになります。

経営者が目指さなければ、従業員も目指しません。
経営者が目指す目的地を言語化し、自らもブレずに行動する。
結果、従業員も同じ方法を向くのです。

この記事を書いた人:杉山善昭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA