当たり前のものをなくして会社を運営する思考

電話対応に困る女性
こんにちは業務改善コンサルタントの杉山善昭です。

いよいよ起業となれば、その準備で一気に忙しさが倍増します。
オフィスを借り、机やイス、キャビネットに。。。

思考するまでもなく、オフィスに必要なものは頭に次々に浮かんでくると思います。

この時点で当初の予定を変更するのは大変だと思いますが、「起業する時の当たり前」については思考するに値します。

というのも。。。

当たり前を当たり前として受け入れるのではなく、当たり前を当たり前ではない視点でモノを見るのです。

例えば電話対応を基本的にしない。としてみてはいかがでしょうか?
もちろん、すべての電話対応をしないというのは、無理かもしれません。

電話は、双方の時間を合わせないと成立しないコミュニケーションで、致命的欠陥があります。
1876年にベルという人が電話の特許を取得しました。

日本では1890年に東京横浜間で電話が開通。
1899年に東京大阪間で開通という歴史です。

当時は、手紙が通信のメイン手段。
電話でリアルタイムに意思疎通ができたのは、非常に画期的です。

郵便なら意思表示してから相手の返信まで、3日も4日も待たなければ分かりませんからね。
経済の動くスピードが現代に比べて恐ろしく遅かったということです。

さて電話が使えるようになって、今までは3,4日かかっていた意思疎通が瞬時にできるようになりました。
もう画期的進歩です。

それから120年。。。

一部の人が気が付き始めたことです。
「人の行動に電話が付いてこれなくなってしまった」ということを。

昔は、人の行動に通信スピードが付いてこれないことが問題でした。
その為、電話が人の行動の役にたったのです。

一方、現代は逆です。

人の行動スピードが速すぎて、電話が人の行動の脚を引っ張るようになってしまったのです。

電話があることで、人の行動は制約されます。

・会社にかかってきた電話に出てしまったがゆえに、長話になり出かける予定が遅れてしまった。
・急ぎの電話がかかってきたので、乗っていた電車を降りなければいけなくなった。
・メールなら1分で読める内容なのに、電話だったので余談が入ってしまった。

こんなことはよくある話です。

また電話はその機能に欠陥があります。
電話は音声を正確に再現することができます。
しかし、再現された音を処理するのはやはり人間なのです。

意味の取違い、勘違いなどは日常茶飯事です。
「あぁ。聞き忘れた!」ともう一度電話をして確認することもあります。

もはや無駄以外の何物でもありません。
筆者が経営する会社では、依頼者と金融機関以外の業務は電話禁止です。
電話がかかってくると、メールでアクセスするようにアナウンスします。

理由は時間の無駄だからです。

文章コミュニケーションなら意味の取違、記録し間違いをする確率は皆無です。
電話の取次ぎの時間も不要です。

時間はこちら側がコントロールするもの。
相手がこちらの時間を奪う「電話」という120年前に普及したツール。

まだ使い続けますか?

この記事を書いた人:杉山善昭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA