経営者なら身につけておきたい貸借対照表の見方

普段の業務や会社の売上、資金調達に忙殺されてしまい、

なかなか自社の貸借対照表や損益計算書、キャッシュフロー計算書に目を通すことが

できない経営者の方が多いと思います。

「うちは税理士に任せているから大丈夫」なんていうのは

経営者としての怠慢だ思います。

ご自身で会社の経営状態を把握することがとても大事です。

今日は財務諸表のうち、「貸借対照表」の要諦についてできるだけわかりやすく

まとめてみたいと思います。

貸借対照表を理解するためのポイント

それでは、貸借対照表について、本当に簡単にわかりやすくご説明いたします。

何度でも読み直してください。

貸借対照表というのは別名「バランスシート」という言い方もされます。

銀行は必ずこちらを見てきます。

損益計算書はある一定期間(1年)のお金の動きがどうだったかを見るものですが

貸借対照表は(決算日等)ある一定の時点で会社のお金がどうなっているかを

見るものです。まずはこの違いをご理解ください。

 

そして、貸借対照表の右側は資金の「調達」を表します。

左側は「運用」を表します。大きなくくりで覚えてください。

「右から左へお金が消える」と覚えてください。

 

もう少し詳しくお話をします。

右側は「調達」ですが、更に細かく分けて

「借入金」と「純資産」に分かれます。

お金の調達はお金を借りてくるか、自分で用意するしかありませんね。

「借入金」は更に「流動負債」と「固定負債」に分かれます。

流動負債というのは1年以内に返済しなくてはいけないお金で

固定負債というのは1年以上かけて返済していくお金と覚えてください。

 

続いて、「純資産」は更に「資本金」と「利益剰余金」に分かれます。

「資本金」は最初に用意する自分のお金です。

「利益剰余金」は1期以降積み増していく利益の和です。

あとでもう少し詳しく説明しますが、ここが大きい会社は健全で強い会社と言われます。

 

そして今度は左側の「運用」の部分について詳しく説明します。

「運用」は多く分けて「流動資産」と「固定資産」に分かれます。

「流動資産」は1年以内に現金化できるものと覚えてください。

例えば、現預金、売掛金、在庫などです。

「固定資産」は1年以内に現金化しないものです。

例えば、土地、建物、機械などです。会社の持ち物です。

強い会社と危ない会社の見分け方

貸借対照表の読み方がわかると自分の会社が強い体質なのか将来的に危ないのかがわかります。

自社だけでなく、取引先を評価するのにも役に立ちますね。

 

「強い会社」というのは

ズバリ!固定資産<純資産である会社です。

個人に置き換えて考えてみましょう。

固定資産はご自宅です。純資産は自分のお金です。

つまり、1億円の豪邸を持っているけど、住宅ローン等の借金がなく、

更に余りある預貯金がある状態です。誰が何と言おうと大金持ちですよね(笑)

こういう状態の会社は非常に強い会社だと言えます。

 

強い会社ほどではないけど「安全な会社」というのは

流動資産>流動負債である会社です。

つまり、1年以内に返さなければならない借金はあるけど、

1年以内に現金化できるお金がそれ以上にあるから必ず返済できるということです。

流動性比率といって、銀行はここを必ず見てきます。流動比率が100%以上ないと

融資は厳しいということになります。

 

最も「一般的な会社」というのは

固定資産>純資産である会社です。

これは、1億円の豪邸をもっているけども自分のお金だけではまかなえないので

住宅ローンで35年ローンを借りているという状態です。

安全とまでは言えないけど、きちんと住宅ローンを払っていくのであれば問題はありませんね。

 

そして「危険な会社」というのは

流動資産<流動負債である会社です。

1年以内に現金化できるお金よりも1年以内に返さなければいけないお金の方が

大きいわけですから、いつ不渡りが出て倒産してもおかしくない状態ですね。

流動比率が100%を下回るということですから銀行は絶対にお金を融資してくれないでしょう。

取引先がこのような会社だったら怖くて取引したくないですよね。

こういったことを瞬時に判断できるようになりたいものです。

 

今日は貸借対照表にスポットを当てて解説をしましたが、

次回以降、損益計算書、キャッシュフロー計算書についても

わかりやすく解説をしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA