起業にSNSは必要なのか?最新消費者動向を見れば自ずと見えてくる

突然ですがSNSを使っているでしょうか?
twitter、facebook、line、instagramキリがありませんが、どれだけ使っていますか?

「わたしはそういうの一切やらない」という方。

起業家としては失格です。
こんにちは、業務改善コンサルタントの杉山善昭です。

今回は起業家であれば絶対に外せないSNSの話です。

さて、ネットで物を買う。と聞いて何が頭に浮かぶでしょうか?

楽天市場、アマゾンなどのサイトが頭に浮かびました?

ハッキリ言って時代遅れです。

ハピタス等のポイントが貯まるショッピングモールが浮かんだあなた。

時代遅れです。

instagramで見て、メルカリで購入する人が激増しているのをご存知でしょうか?

消費者はもう、メーカーの綺麗な写真には反応しなくなっているのです。
消費者が消費しているところを見て、それをメルカリで買うのです。

何故か?

リアルで簡単だからです。

ハッシュタグ検索という言葉はご存知でしょうか?

ツイッターやインスタで、#●●と検索するのです。

●●の部分は調べたい言葉です。

いかがでしたか?

もう一つ事例を挙げましょうか。

facebookは実名でつながるSNSです。
実名だけに、いい加減な対応ができません。

例えばAさんが建築士の仕事をしているとします。
Aさんの事を少し知っているBさん。

家を建てようかと考えています。

この時Bさんは、いきなりAさんに相談しません。

何故かと言うと、相談しても実際に依頼するかどうか分からないからです。
もし、相談したけれど、感覚や予算が合わなかった場合、断りにくいのです。

その為、どうするかというと、Aさんが普段どんな仕事をしていて、どんな価値観を持っているのか?
依頼するとしたらいくら位必要なのか?
という情報収集をするのです。

つまり、Aさんがフェイスブックに書いている事を全部見るのです。
また、過去に書いていることを遡って読むのです。

この時、Aさんが例えば特定の政党を批判していたり、ヘイト的な書き込みをしていたりしていると、イコールビジネスチャンスがゼロになるということです。

逆にきちんとした行動、思考で行動していると、Bさんは「大丈夫」だと確信して初めてAさんに仕事を依頼するのです。

先の事例もこの事例も同じです。
つまりビジネスを行う上でのSNSの役割は、企業のPR活動に他ならないのです。
もちろん、個人で発信しているものも含めてです。

従って、起業するのにSNSをやらないと言うのは、あり得ない。と言ってもいいという程愚かだということです。

もちろん、逆張りで一切SNSに露出しない戦術もありますが、よほど希少価値のあるビジネスでなければ難しいでしょう。
SNS活用しない手はありません。

このSNSですが、取り組んでスグに効果が出ることはありません。
中長期の積み重ねが必要です。

起業する前から取り組めることですので、起業準備段階から始めることをお勧めします。

この記事を書いた人:杉山善昭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA