人材確保に使える無料ツールとは?

人材の採用はの悩みは、経営者にとって非常に悩ましい問題です。

永遠に解決することのない問題と言っても過言ではありませんよね。
こんにちは業務改善コンサルタントの杉山善昭です。
昨今は、超売りて市場ですから、どこの企業も人で不足で悩んでいます。

先日ある経営者と話をしていた時に、一人募集するのに広告代を30万使った。と話していました。

30万ものお金をかけて良い人が見つかれば良いですが、短期間で辞められては目も当てられません。
誰か一人でも退職すると、普通会社の空気は悪くなりますからね。

辞めるくらいなら最初から入社してほしくなかった。。。と思うのはどこの経営者も同じです。
自社のことをよく知ってから応募してほしいと思うのですが、求人の募集をする時に、記載しなければいけないことや、逆に記載してはいけない事が決まっています。

記載してはいけないこと
●性別を限定した募集
●年齢を限定した募集
●独身者だけを限定した募集
全て挙げることができませんが細かく知りたいという方は雇用対策法施行規則をご覧になってみてください。

私自身、求人の広告を出した経験はあまりありません。
ほとんどが知り合いの紹介で入社したからです。

見ず知らずの求人募集で入社した人材と紹介で入社した人材では、紹介の方が長期間働く傾向であることを体験しています。

但し、人材を紹介していただいた方の手前もあるので、こちらもやはり気を使います。
もっともこれは入社した方も同じだと思いますが。

さて、いつでも理想の人材が入社できるように仕組みを作ることも経営者には必要だと思います。

そこで、使えるのがブログ。
経営者が自ら、ブログを書くのです。

人材確保を目的としたブログです。

経営者の日々の出来事、出来事から思案すること。
社会に思うこと、その経営者ならではの価値観。

入社を希望する人に、経営者のブログを3年分読んでいただくことを推奨するシステムにするのです。

また、人材確保を目的としたブログですから、文末にはすべて「人材募集」の案内を記載しておくのです。

人それぞれ趣味嗜好は違いますが、少なくとも価値観が同じ人材が来ると入社してからのギャップはお互いに減少し、スムーズな経営が可能となります。

当然短期間で退職するものも減るでしょう。

経営者にとって仕事とは、会社を繁栄させることです。
カンタンに言えば、売り上げを上げること。

短期間で止めてゆく人材を採用している時間など無駄以外の何物でもありません。

「採用に使う時間」を削減することはできます。

その為に、採用を意識したブログを書いてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人:杉山善昭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA