自分らしくやるのか?教えられた事をやるのか?

今回は読者さんからいただいたご質問です。

ビジネスを軌道に乗せるために〇〇をしなさい。と言われているのですが、あまり気が進みません。
本当にしなければいけないのでしょうか?

というもの。
こんにちは、業務改善コンサルタントの杉山善昭です。
行政の起業スクールに通っていていろいろと指導を受けているそうです。

教えられて一応理解はしたものの、自分に合わないのでどうしようか迷っているそうです。

自分を変えてまで決まったことをしなければいけないのか?

あなたはこんな時、どうしますか?

私の答えはシンプルです。

儲かるなら何でもアリだと。
単純ですね。

極論から言えば、経営者は全てを自己判断し決定していく必要があります。

世にはいろいろな情報が溢れています。
当然取捨選択をしなければいけませんよね。

従って、言われた事をすべて実現することなどしょせん不可能なのです。
ですから、あなたが良いと思うことだけをしていけば良いと思います。

但し、「売上げがなければ事業は継続できません」

自分を変えず、やりたくないことをやってでも売上げが上がるならOKですが、

自分を変えず、やりたくないことをやると売上げが上がらないならアウトです。

私は不動産会社を経営していますが、起業当時ほとんど広告を打たずにビジネスをしていました。
当時は新聞折り込み広告にドカンと広告を打ち、集客するのが主流でした。

広告のデカさ=会社の規模のイメージ。

周りの不動産経営者たちは「あいつは独立しても広告も打たずに何やっているんだ。すぐに潰れるに違いない」とか「バカだ」とか言われていたようです。

実は、目立たないように広告をしていたのです。
新聞折り込みに目立つように広告をしていなかっただけです。

当時、新聞折り込み広告に予算の許す限り広告を売って集客することは、不動産業界の常識でした。

しかし、私はその方法では上手くいかない。という事を独立前から分かっていたので、人のいう事は聞かずに自分の考え通りの手法で経営したのです。

結果、13年目を迎えますが、今では「あいつは全国から不動産の売却依頼をネットで受けていてスゴイ」と言われるようになりました。

もし、私の集客方法で失敗していたら、やっぱり「あいつはバカだ」という評価のままだったでしょう。

そういう意味では、「ビジネスは結果が全て」です。
結果だけ出せば、人のいう事を聞いても聞かなくてもどっちでもいいのです。

最後になりますが、人のいう通りの事をしなくても全然OKだと思いますが、同業の先輩や起業スクールの講師は、成功体験や失敗体験を元に物を言います。
その為、一旦咀嚼して飲み込んだうえでどうするのか?を判断していくようにすると良いでしょう。
ビジネスはマラソンです。

「この方針」でスタートしても途中で軌道修正することだってあります。
その時に、人のアドバイスが役に立つことだってあるかもしれませんからね。

この記事を書いた人:杉山善昭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA